Ubuntu 18.04 環境の構築まとめ

IT

最近、Hyper-V上にUbuntu環境を作っていろいろな遊び場にしているのですが、最近作ったり消したりが多いです。つぶつぶではインストール手順などを記事にしてきましたが、どの手順をやったのかやっていないのかわかりづらくなってきたので、1つにまとめることにしました。

ばったん
ばったん

いいソフトウェアがツールが見つかったら、アップデートしていきます。

スポンサーリンク

Ubuntu環境の構築

スポンサーリンク

設定変更

IPアドレスの設定(手動/自動)

スポンサーリンク

よく使うサーバー系ソフト

Telnetサーバ

コンソール以外からもTeraTermやPuTTy等のターミナルソフトを使ってCUIで操作ができるようになります。

FTPサーバ

FFFTPなどのFTPクライアントソフトを使って、ファイルの送受信ができるようになります。

スポンサーリンク

よく使うクライアント系ソフト

curl

CUIベースのHTTPクライアントです。手軽にWebサーバの応答を確認したり、RestAPIを叩くのに重宝します。

スポンサーリンク

あまり使わないけど入れて置くと便利かも…

プロキシサーバ

外に向けてはHTTPリクエストを中継したり、内向きにはリバースプロキシで振り分け先を分散したり、いろいろ使える奴です。

スポンサーリンク

システム開発者向けソフトのインストール

みんながみんな必要というわけではないですが、入れておくと便利な開発ツールから、こんなん自前で入れないよーというものもありますが、完全に私の趣味と実益でチョイスしておりますので、予めご了承くださいませ。

Docker

コンテナアプリです。Dockerイメージをダウンロードして起動するだけで、いろいろなソフトやサービスが利用できます。ホストと分離されているので安心して触れます。

スポンサーリンク

その他必要に応じて

GitLab本体

GitLabサービスをローカル環境で構築できます。クラウドサービスと違ってマネージドされていないのでメンテナンスは自分でやらないといけませんが、いくら使ってもタダです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました