Zorin OSのデスクトップをWindows7っぽくする

スポンサーリンク
IT
スポンサーリンク

壁紙をWindows7純正に変更する

せっかくWindows7の代わりにZorin OSの環境を作ったので、もっとWindows7っぽくカスタマイズして行こうと思います。

Windows7パソコンから壁紙ファイルを抜き取る

まずは、Windows7を起動し、ZorinOSに持っていく壁紙をピックアップします。
壁紙の設定画面を開いて、持っていく壁紙を右クリックします。プロパティを見るとファイル名が分かりますので、ファイル名をコピーしてください。

エクスプローラーを起動し、CドライブのWindowsフォルダ内を検索します。無事に画像ファイルが見つかったら、ZorinOSの環境にファイルそのものをコピーします。

Windows7のマシンとZorinOSの仮想マシンは別々の環境なので、ネットワーク経由でコピーする必要があります。

コピーのやり方はいくつかありますが、今回はWindowsファイル共有を使います。Windows7のパソコンの特定のフォルダを共有状態にすると、LAN内のパソコンからアクセスすることができます。
他にはGoogleドライブ等のクラウドストレージを経由する方法もあります。

ZorinOS側で壁紙ファイルをネットワーク越しに取得する

Windows7パソコンとZorin OSが動作している仮想マシンが同一ネットワーク上にいる状態、かつWindows7側で壁紙ファイルが格納されたフォルダが共有されている状態であることを確認してください。

Windows7パソコンのフォルダを共有したものをZorinOS側から参照します。
タスクバーのエクスプローラー風のアイコンをクリックすると、エクスプローラーが起動しますので、「他の場所」をクリックします。
同一LAN内のパソコンが表示されますので、先程のWindows7のパソコンをクリックします。

認証を求められたら、Windows7のパソコン側のログイン情報を指定してください。

ZorinOSの壁紙を変更する

認証に成功すると、ZorinOS上からWindows7パソコンの共有フォルダがマウントできますので、先程の壁紙ファイルが表示されます。
このファイルをピクチャに移動またはコピーします。

後は、Windowsと同じです。デスクトップを右クリックするとメニューが開きますので、「背景を変更する」を選択します。

壁紙設定画面が表示されますので、背景をクリックします。

ピクチャにコピーした画像ファイルが表示されるので、壁紙に設定したいファイルを選択します。

これで壁紙の変更は完了です。ロック画面も変更した場合は、右側のロック画面の方も同様に変更します。

ZorinOSの壁紙をWindows7純正に変更完了

おおおっ!
かなりWindows7に見た目は似てきました。スタートメニューやドキュメントやピクチャなどのフォルダ構成も似ているので、これだけ見るとほぼWindows7ですね。
タスクバーも半透明処理されていて壁紙が透けてるところとかも似てます♪

奇抜な配色が多いLinuxの中では、一番Windowsっぽいんじゃないかと思います。
ZorinOSはDebian系でUbuntuの派生版らしいので、そっち系をよく使う方なら違和感ないと思います。

ロック画面はちょっと違いますが、まぁ、時計が出ているのは便利なんで個人的にはOKです。

最後に、先程Windows7のパソコンからファイルコピーする際、マウントしていますので、アンマウントして接続を解除します。
※ファイル共有でLAN経由でコピーした場合のみ

今回はWindows7標準っぽくするために壁紙取ってセットしましたが、Windowsの壁紙同様、画像ファイルなら何でもOKですので、好きな壁紙をセットしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました