★★★ Twitterやってます。フォローして頂けると嬉しいです(*^^*) ★★★
スポンサーリンク
この記事にはプロモーションが含まれていることがあります

CentOS 8 の後継LinuxはMIRACLE LINUX

IT

前回、CentOSは最終安定版の8でサポート終了ということで、最後に記念で環境構築しました。

CentOSでサーバー構築していた場合、今後はCentOS Stream系で安定しない状態で使い続けるか、REHLに乗り換えるか、という二択を迫られているわけですが、サイバートラスト社がCentOSとバイナリ互換のLinuxを提供してくれるというプレスリリースがありました。

ナイス!!

その名は「MIRACLE LINUX」。最新バージョンは、8.4ということで、これもちょっと試してみることにしました。

しかも、更に8.4の後継メジャーバージョンの9を2022年中に公開を目指して開発するとのことです。しかもライセンス費用もCentOS同様に無償とのこと。

サイバートラスト社プレリリリースより引用 https://www.cybertrust.co.jp/pressrelease/2021/1216-miraclelinux-license-free.html

ありがたや~(T_T) そして素晴らしい!

もう私管轄で取り扱ってるSSL証明書、全部サイバートラスト社にまとめちゃおうかな~とも思ってしまいます( ̄ー ̄)ニヤリ

スポンサーリンク

MIRACLE LINUX 8.4 インストール方法

必要なもの
  • Hyper-Vが動作するコンピュータ(Windows10、WindowsServer)
  • 空きディスク容量は、20GB以上
  • MIRACLE LINUXのOSイメージファイル(この後ダウンロードします)

MIRACLE LINUXのイメージファイルをダウンロード

まずは、公式サイトからISOファイルをダウンロードします。ファイルサイズが10GB弱あるので、先にダウンロードを開始しておきましょう。

ダウンロード — MIRACLE LINUX サポート&テクノロジー | サイバートラスト株式会社

ダウンロードボタンをクリックします。

ファイルリストが表示されますので、isos ディレクトリから入っていってこの場所まで潜るとISOファイルがありました。今回は、MIRACLELINUX-8.4-rtm-x86_64.isoをダウンロードしました。

Hyper-V仮想マシン作成~OSインストール

仮想マシンの準備~OSのインストールはさすがCentOS互換ですね。やり方は前回構築したCentOS 8の時とまったく同じでしたので、セットアップ手順は前回のCentOS 8編をご覧ください。

ちなみに、インストーラーも進行や選択肢は同じです。違ったところと言えば、ロゴ画像とライセンスの文章が変わったところでしょうか。

MIRACLE LINUX 8.4 起動

起動しました~

ログイン画面はちょっとロゴの表示が控えめなのと、個人的にはグレーバックにネイビーブルーの配色がちょっと微妙です。ここはCentOSの方が格好良かったです。バージョン9でかっこよくなるといいな。

ログイン後の初期セットアップも同じでしたので、CentOSユーザーなら何の迷いもないと思います。デスクトップもほぼ同じ構成ですね。

前回のCentOS 8の時はほぼ同じ内容でインストールしたのですが、こっちの方が仮想ディスクのサイズが大きいです。ただ、余計なものを入れてしまったかもしれないので、前回のCentOS 8のインストール後のサイズとは比較できないと思います。たぶん(すません、もう夜遅くて脳みそ停止寸前です)。

記念スクショ

CentOS 8の代替として問題なく使えると思います。公式でも互換していると公表していますし。

スポンサーリンク

まとめ

CentOS 8とほぼ同じ手順でインストールできました

2022年以降、CentOS 8はサポート外になってしまいますので、安定したOS上サービス乗せていくなら、REHLMIRACLE LINUXで構築した方がよいでしょう。

CentOS 8ユーザーの乗り換え先候補比較としては、こんな感じでしょうか。

乗り換え先OSライセンス   状態  備考
CentOS 8/9 Stream無償開発途上  ローリングビルド方式を採用しているため、商用サービスなどで使うのはリスクあり。
REHL無償/有償  安定版無償で利用する場合はRed Hatアカウント登録する必要あり。
MIRACLE LINUX無償/有償安定版CentOS同様、無登録でISO入手可能

そんなわけで、個人的には趣味で使うならCentOS 8/9 StreamMIRACLE LINUX、商用サービスで使うならREHLMIRACLE LINUXを使うかなーという感じです。

REHLはアカウント登録が面倒なので、特別指定がなければMIRACLE LINUXで構築していくと思います。

ただ、あくまでRedhat系での話です。debian系でもよいならUbuntu系一択です^^

オマケ

CentOS 8から移行ツールを使ってMIRACLE LINUXに移行する方法

今回は新規構築するパターンを紹介しましたが、CentOS 8から移行ツールを使ってMIRACLE LINUXに変更する手段もありますので、そちら気になる方はこちらの記事をどうぞ

おすすめ書籍の紹介コーナー

Linuxについてもっと詳しく知りたい方にオススメの書籍を紹介しておきます。

Linuxは実際に自分で触って覚えるのが一番早い!

Linuxはシェルスクリプトが組めて一人前、そして作業効率アップには欠かせません。
システム開発現場ではシェルスクリプトが組めてようやくLinuxかじったことありますと言えるぐらい重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました