Hyper-VのゲストOSとホストOSでIPが重複する

IT
スポンサーリンク

Hyper-VのゲストOSとホストOSで同じIPが振られてしまう

同じDHCPサーバのあるLAN内で、Hyper-VのゲストOSとホストOSで同じIPが振られてしまいました。結果、ホストとゲスト間が切断… しかもリトライしても全然繋がらない…

発生した環境

  • 仮想化アプリケーション:Hyper-V
  • ホストOS:Windows10 Pro
  • ゲストOS:Ubuntu 18.04.1 (Linux)
  • ネットワーク:ホストOSとゲストOSは同じLAN内で同じDHCPサーバからIPを払い出しを受けている

このような環境でホストOSからゲストOSに接続して使っていたところ、突然ゲストOSに接続できなくなってしまいました。

調査結果

いろいろ調べたら、DHCPサーバからホストOSとゲストOSに同じIPアドレスが割り当てられていました。

ホストOS (Windows10)側でipconfigコマンド
ゲストOS (Ubuntu)側でip addressコマンド

こらーー、同じやん!
物理的なパソコンとしては同じだけど、中身は別々なんです…

スポンサーリンク

解決編

直し方①

DHCPサーバからIPを振ってもらっているので、一度返却して、新しいIPアドレスを振ってもらいましょう。

Windowsの場合

ipconfigコマンドを使ってIPアドレスを一旦返して、その後新しいのを要求します。
/renewだけでも行けますが、念の為、一回古いIPアドレスを返します。

> ipconfig /release
> ipconfig /renew

Linuxの場合

dhclientコマンドを使ってIPアドレスを一旦返して、その後新しいのを要求します。
実行にはroot権限が必要ですので、sudoしています。

$ sudo dhclient -r
$ sudo dhclient

これで再度、IPアドレスを確認して同じIPでなくなればOKです。

割り当てられるIPアドレスが変わらない場合…
DCHPサーバはコンピュータのMACアドレスという固有の機器番号とIPアドレスを紐付けて管理していることが多いので、またこいつかと気を利かせて同じIPを割り振ってくることがあります。
その場合は次の直し方②を試してみてください。

直し方②

これでも同じIPアドレスが振られてしまうようなDHCPサーバの場合は、Hyper-Vの仮想ネットワークを一度変更してみてください。今回はこれで直りました。

これを実行するとホストOS側(Windows)がネットワークから一回切断されますので問題ない場合に実行してください。
24時間外からのリクエストを受け付けて処理しないといけないようなサーバ以外は問題ありません。

画像一番左のHyper-Vマネージャーのホストを右クリックし、仮想スイッチで現在二重に割り振られている仮想ネットワークを選択します。
画面右側の仮想スイッチのプロパティ画面に切り替わりますので、外部ネットワークのチェックボックス「管理オペレーティング・システムにこのネットワークアダプタの共有を許可する」のチェックを外してください。

このチェックを外すと、ホストOSが一旦ネットワークから切断されます。ゲストOSのみがネットワーク接続状態となりますので、ゲストOSのIPアドレスを再取得してください(再取得方法は直し方①参照)。

ゲストOS側でIPアドレスを取れたら(さっきと同じIPでもOK)、再度 「管理オペレーティング・システムにこのネットワークアダプタの共有を許可する」 にチェックを付けてOKボタンを押してください。

これでホストOSも再度ネットワークに参加しますので、新しいIPが割り当てられます。自動で割り当てられない場合は、直し方①を参照して、新しいIPアドレスを要求してください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました