Hyper-V上でCentOS 7を最小構成で動かす

スポンサーリンク
IT

前回、Hyper-V上にCentOS 7をインストールして、これでクラウド上に有料のVM立てなくてもローカルで遊べるね、という話でした。

スポンサーリンク

Hyper-V上でCentOS 7を最小構成で動かす

ただ、CentOS環境をいくつも起動したいのに、1環境でメモリを2GBも使っていたらすぐに本体のメモリが足りなくなっちゃうので、個人のノートPCのHyper-V上にはそんなに環境いくつも作れないよー

という自体に陥ってしまいました。↑こんな感じになっちゃってます…
CentOS 7環境、1つで2GB割り当てるとすぐに無くなっちゃいますね。割当量を減らして動かしてみたんですが、1GBだと処理が重いし、それ0.5GB切ると使い物にならなくなります。

でもGCPのf1-microって、メモリ640MBだけどそこそこ快適ですよね。

はっっ、CentOS 7をGUI付きのサーバ構成でインストールしてたーっ

それでは重いはずです。GUIを動かすためにCPUもメモリも消費してしまうわけですから。CentOSのデスクトップを触ってみたくてインストール指定してしまったの忘れてました。

CentOS 7 最小構成インストール

そんなわけで、今回はCentOS 7を最小構成でインストールしてみます。
インストール手順は、基本的には前回と同じです。
前回の手順はこちらを参照してください。

前回と違う部分だけ記載します。

メモリの割当サイズ

VMのメモリはGCPのf1-microと同じ640MBにしてみます。

インストール構成を確認したら、完了ボタンを押してください。

ソフトウェアの選択

前回は、このインストールするソフトウェアの選択で、「サーバー(GUI使用)」を選択したと思います。今回は、最小構成にするため、「最小限のインストール」を選択して先にに進めてください。

CentOS 7 動作確認

おお、インストールと起動が速いっっ!! さすが軽量構成。
ちょうどここまで記事を書いたところで合流。息ピッタリや!
早速、ログインして仕上がりを確認しましょう。

まずは、rootでログイン
localhost login: root
Password: <インストーラーで指定したrootのパスワード>

コマンドプロンプトが # で表示されれば、rootでログイン完了
# 

インストーラーで作成したユーザが作成できているか確認
# grep bash /etc/passwd

メモリの使用量を確認
# free -mh

実行した結果は、こんな感じでした。

途中で作ったbattanユーザもちゃんと作られてますね。
あとは今回メモリを少なくして構築したので、freeコマンドでメモリの利用状況を確認してみます。
全体で512MB認識、内170MBは使用中、キャッシュしてるけど使えるメモリが124MB、未使用が218MB。半分以上残ってますね。エコや。

これぐらいなら、いくつか同時に起動できますね!!
さて、最小構成でのインストールなので更地に近い状態。必要なものだけ入れるぞー

あれ? yum updateが失敗する…

curlでmirrorlist.centos.orgに接続できてないですね。嫌な予感しかしない…

どうやらネットワークカードにIPが振られていないようです… 今回はここまで。

CentOS最小構成インストール結果まとめ

  • メモリ:640MBで動いた
  • ハードディスク:2.2GB(インストール直後)
  • ネットワークはネットワークカードを有効化しないと接続できない
スポンサーリンク

ネットワーク接続方法

ネットワーク接続手順をまとめました(2019.10.27 更新)

これを試してみてください。

もう一度、yum updateに挑戦。今度はうまく通信できてますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました