★★★ Twitterやってます。フォローして頂けると嬉しいです(*^^*) ★★★
スポンサーリンク
この記事にはプロモーションが含まれていることがあります

【PowerApps】アプリを別アカウントへコピーする

IT
スポンサーリンク

アプリを別アカウントへコピーする

PowerAppsを使うには、Microsoftのアカウントが必要です。

PowerAppsで作成したアプリはMicrosoftのアカウントに紐づいた状態でクラウド上に保存されます。作ったアプリを他の誰かに使ってもらいたい時は、PowerApps上で公開して共有することで可能となります。

ただ、次のような場合は公開と共有では実現できません。

  • 他のMicrosoftアカウントでアプリ開発を引き継ぎたい
  • 開発したアプリを他の人に引き渡したい

このような時は、PowerAppsで作成したキャンバスアプリインポート・エクスポートすることができます。

アプリをエクスポートする

引越し元のMicrosoftアカウントでPowerAppsにログインします。

アプリ一覧画面からエクスポートしたいアプリを選択(①)し、エクスポートパッケージ(②)を実行します。

これを実行すると、パソコン上にZIPファイルがダウンロードされます。

これでエクスポートは完了です。

アプリをインポートする

次は、引越し先のMicrosoftアカウントでPowerAppsにログインします。

アプリ一覧画面のキャンバスアプリのインポートをクリックします。

アップロードボタンをクリックし、エクスポートした時にダウンロードしたZIPファイルをそのままアップロードします。

アップロードが完了すると、パッケージのインポート画面が表示されます。

パッケージコンテンツの確認のところにエクスポートしたアプリが表示されることを確認し、操作アイコンをクリックします。

インポートの設定を選択できます。

  • 新しく作成する・・・新規でインポートする時はこちらを選択します
  • 更新・・・既に一度インポートしている場合は、更新することで上書きインポートが可能です

インポートの設定を終えたら、インポートボタンをクリックします。

インポート処理が完了すると、このようなメッセージが表示されます。これで引っ越しは完了です。

引越し元のMicrosoftアカウント側のアプリが不要な場合は、削除しましょう。

インポートが完了すると、アプリ一覧に表示されます。

インポート処理には時間がかかりますので、すぐにアプリ一覧に表示されないことがありますが、コーヒーでも飲んで待ちましょう。しばらくしたらF5キーで画面を更新してみてください。インポートが完了していれば一覧に表示されるはずです。

最新バージョンがインポートできない場合

インポートしたけど、なぜか古いバージョンのアプリになってしまうという場合は、エクスポートする前にアプリのバージョンを確認してみてください。

私の場合ですが、エクスポートすると公開済みのものがエクスポートされていました。②で最新版を公開してからエクスポートしたところ、最新版がダウンロードできました。

スポンサーリンク

まとめ

キャンバスアプリの別のMicrosoftアカウントにコピーすることができる。

アカウントを超えてアプリをコピー・移動する場合は、インポート・エクスポート機能を使う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました