自分のパソコンだけでWordPressを動かす方法

IT
スポンサーリンク

自分のパソコンだけでWordPressを動かす方法

ブログを始めたという話を知り合いにすると、こんな感じの反応でした。

WordPress(ワードプレス)を使ってブログを始めてみたいけど、WordPressってなに? どうしたら使えるの? 使い方は? わからないー

WordPressを使うには、毎月の支払いが発生するレンタルサーバーと契約しないと使えないんじゃないの?

ばったん
ばったん

大丈夫!!
WordPressを自分のパソコンだけで動かす方法を紹介するから、無料でWordPressの練習ができるよ!

そんなわけで、ブログを始めようと一念発起しても、WordPressの部分でつまづいてしまう方が一定いらっしゃるようです。私は非常にもったいないと思いますので、普段使っているパソコンだけでWordPressが動かせるInstantWPのインストール方法InstantWPの使い方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

WordPress(ワードプレスってなに?)

WordPressとは

WordPress - Wikipedia

ウィキペディアにはいろいろと細かいことが記載されていますが、あまり細かいことを知る必要はまだありません。

最初はこれだけ知っていれば問題ありません。

WordPressというのは、CMS(Contents Management System)の一つで、ブログなどのWebコンテンツを作成するためのシステムの一つです。ブログを書くためのWordのようなソフトだとイメージしておくだけで大丈夫です。

WordPressはどうやって動かす?

WordPress本体はWebサーバ上で動作させておき、ブラウザでログインして使います。一般的に「WordPressを使ってブログを書いている」という場合は、契約したレンタルサーバー上で自分専用のWordPressを動かして、そこにWebブラウザを使ってアクセスし、ブログを書いたり、一般に記事を公開したりしています。

レンタルサーバーが無いとWordPressは動かせない?

そんなことはありません。Webサーバとデータベースサーバが動かせれば、自分のパソコンの上でも動かせます。

Webサーバ、データベースサーバをパソコンにインストールして動かして、さらにWordPressをインストール・・? 難しい・・だめだ

ばったん
ばったん

大丈夫!
そこを一つにまとめたインスタントWordPress「InstantWP」というソフトがあるよ。これを入れるだけでWordPressを動かすのに必要な物が一式自動でセットアップできるよ

一からすべて自分で揃えようとするとかなりややこしいのですが、このWordPressのインスタンス版とも言えるインスタント・ワードプレスことInstantWPをパソコンにインストールすると、すぐに簡単にWordPress環境が作れますので、まずはWordPressを触ってみたいという方や、レンタルサーバ契約前に練習したい方にオススメです。

スポンサーリンク

InstantWPをセットアップする

InstantWPの公式サイトからダウンロード

Why you will love InstantWP... - InstantWP
  InstantWP is a complete standalone, portable WordPress development environment. It will turn almost any Windows or macOS machine into a WordPress development ...

ちょっと画面をスクロールすると、ダウンロードリンクが表示されますので、使っているパソコンのOSに合わせたものをダウンロードします。

私はWindowsを使っているので、Windows版をダウンロードしました。ここからはWindows版で紹介します。

現在の最新バージョンは、5.3.6のようです。ファイルサイズは281MBです。

InstantWPフォルダを任意の場所に設置

通常だとダウンロードフォルダの中に展開されていると思います。中身を確認したところ、インストーラーではなく、このファイルをそのまま使うみたいです。

つまり、このままダウンロードフォルダなとの一時的な場所で動かすとダウンロードフォルダを掃除した時点で消えそうなので、場所を移動します。

私は、インストーラー以外で入れたアプリケーション類は、C:\toolsフォルダに入れるように決めていますので、今回もそこに移動します。

ReadMeファイルがあるので、これにインストール手順が説明されていますのでご一読ください。面倒な方はこのまま進みましょう。これからインストールしていきますので・・・

Start-InstantWP.batを起動して、ということですので、ダブルクリックするとセットアップが始まります。

InstantWPのインストーラー起動

インストール画面が表示されますので、まずは、WordPress Adminボタンを押して、WordPressの管理画面を表示してみましょう。

InstantWPが起動しない!! 動かない・・

んー、ボタン押しても反応しないです。試しに管理画面のURLを直接ブラウザに入力してみても、アクセスできません、と表示されてしまいます・・・
動かない・・・

http://127.0.0.1:10080/wordpress/wp-logon.php

このような場合、このソフトに限った話ではありませんが、更新頻度の高いソフトだと、最新版だと安定していないことが多々ありますので、古いバージョンを試してみることにします。

ばったん
ばったん

問題なく動作した方は、次の旧バージョンの導入の部分はスキップしてください。

InstantWPの公式サイトからダウンロード(旧バージョン)

公式サイトのDownloadsリンクをクリックし、GitHubのリンクをクリックします。

今回、最新の5.3.6でダメだったので、古いのを順番に試していきます。結果、5.3.4が動きましたので、そのZIPファイルをダウンロードします。

こちらもZIPファイルを展開したら、先ほどと同じようにC:\toolsフォルダの中に格納します。

InstantWPのインストーラー起動(2回目)

先ほどと同じように、Start-InstantWP.batを起動します。お、今度はこれが出ました。この画面はReadMeファイルには記載があったのにさっき出なかったので変だなーと思っていたところでした。今回は表示されたので、ReadMeファイルの説明どおり。行けそうな気がします。

無事にインストールが開始始まりました。「Next」を押せなくなるまで押して画面を進めてください。

WordPressを動かすには、Webサーバやデータベースサーバが必要となるので、この辺をインストールせずにこの単体のInstanaWPだけでどうやって動くのだろう?と不思議に思っていたら、インストール中に説明画面が出てきて教えてくれました。親切だぁ

どうやら、QEMUというOSエミュレータを使って専用の環境を用意しているんですね。これは便利。Dockerみたいです。いろいろな仮想化技術があるから勉強になります。

そうこうしているうちに、インストールが完了したようです。右下のボタンを押してインストールを終了します。

InstantWPの管理画面を表示

先ほどのように、WordPressの管理画面を開くため、WordPress Adminボタンを押してみます。すると、初回のWebサーバ起動だから時間がかかるよーというメッセージが表示されますので、OKしてください。

これでまもなくWordPressが使えるようになります。

スポンサーリンク

WordPress管理画面を表示する

おめでとうございます。WordPressの管理画面への入り口が表示されました。

ユーザ名:admin
パスワード:password

ログインするといきなり脅かしてきます。パスワード情報が漏洩なんて言われるとびっくりしますが、adminとpasswordが初期値だから変更してね、ということです。このパソコンでしか動かないので、自分専用のパソコンならそのままでもいいよいですが、他人と共有しているパソコンなら、変更しておくことをオススメします。

日本語に切り替え

私のような画面が英語だとやる気が出てこない方は、設定メニューから言語を変更できます。

WordPressの更新

更新の部分に数字が出ていますね。これはこのカテゴリで数値の分だけ通知があるという意味です。更新リンクをクリックすると、WordPressの新しいバージョンがリリースされているとのことです。

WordPressのアップデートは簡単で、「今すぐ更新」ボタンを押すだけです。データベースの更新が必要な場合でも、ボタンひとつで自動で更新されます。

テーマを導入

WordPressの面白さの一つ、豊富なテーマから好きなものをチョイスできるという点。この辺は次回はやってみようと思います。

スポンサーリンク

WordPressはさわって覚えよう

ここまでできれば、本物のWordPressと同じです。自分のパソコンの中だけのWordPressなので、臆せずいろいろいじり倒してみましょう。

ブロードバンドルーターの内側なら、特別な設定をしなければ通常インターネット側からパソコン上に構築したWordPressにはアクセスできませんので安心してください。

但し、同一LAN内に接続されているパソコンからは、IPアドレスを指定すると同一LAN内のパソコンから記事を参照できますので、その点は意識しておいた方がよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました