データのバックアップの重要性

IT

パソコンを使っている方でバックアップを知らない方、データをバックアップしていない方は今すぐにデータのバックアップをして欲しいです。

バックアップってなに?

バックアップというのは、パソコンの中に保存されている写真、動画のデータ、ワードやエクセルで作った資料などをそのパソコン以外の記憶媒体に複製することです。

バックアップをしないとどうなるの?

そのパソコンが壊れた時に一緒にデータも壊れてしまい、永久に失われてしまいます。
そうです、思い出の写真や動画、一所懸命作った資料が一瞬で跡形もなく消えてしまうのです。想像してみてください。私は経験者ですが、こんな感じになります。

消えてしまったデータを復元できるソフトやサービスもありますが、データ復元ソフトでは完全に復元できる可能性は低いですし、データ復元サービスはものひっくり返るぐらい高価で、個人で利用するのは難しいと思います。

バックアップをしていない方は不安になってしまいましたか?
こうなりたくない人はデータのバックアップをすぐに取ってください。
バックアップがあればデータはもとに戻せます。
次の章ではバックアップの種類とやり方について説明します。

バックアップの種類とやり方

バックアップと言っても、何にバックアップするかでかかるお金も違いますし、バックアップから復元する時の手軽さや確実性も変わってきます。

バックアップの種類
  1. DVD-R、Blue-Ray
  2. USBメモリ
  3. USB外付けハードディスク
  4. クラウド(オンラインストレージ)

結論:3. USB外付けハードディスクと4. クラウドの二本立て

私の結論は書いてしまいましたが、バックアップしたいデータの量や目的によって変わりますので、それぞれのメリデメについて書きますので、どのバックアップ方法が最適なのか検討してみてください。

1. DVD-R、Blue-Rayディスク

判定

お手軽度 :★★★★
取り扱い :★
コスト  :★★
安全度  :★★★

パソコンにはDVDドライブがついているものが多いと思います。よってあとはDVR-RやBule-Rayディスクを買ってきて、バックアップしたいデータを書き込めば完了です。簡単です。
私が学生の頃はパソコンのハードディスクも3GBぐらいだったので、DVDが1枚あればすべてバックアップできたので、バックアップの完璧な手段でした。

ただ今は取り回しの良さはハードディスクに遠く及びませんし、ハードディスクも安くなってきているのでこちらをバックアップ手段に選ぶケースは少ないと思います。

メリットとしては、ハードディスクのようにクラッシュしないので長期保存には良いと思います。
あと多分EMP(電磁パルス攻撃)されても大丈夫なはず・・・
ただ、EMPやられたら情報機器や社会のインフラが壊滅状態になりますので個人のデータが消失したどころの騒ぎではなくってしまいますね・・・

2. USBメモリ

判定

お手軽度 :★★★★★
取り扱い :★★★★
コスト  :★
安全度  :★

USBメモリはお手軽にバックアップできる手段の一つです。最近は記憶容量の大きいものが出てきていますので、とりあえず大事なファイルだけコピーしておけば安心ですね。

お手軽にバックアップできますが、その反面、コストパフォーマンスは悪いです。
写真や動画のデータはどんどん大きくなってきていますので、USBメモリでバックアップするとあっという間に使い切ってしまい、結果USBメモリをいくつも購入しなければならなくなってしまいます。更に本体が小さいので紛失の恐れがあります。紛失するとバックアップが消滅するだけでなく、情報も漏洩してしまうという実は危険物です。お手軽ですがバックアップ手段としてはおすすめできません。

3. USB外付けハードディスク

判定

お手軽度 :★★★★★
取り扱い :★★★★
コスト  :★★★
安全度  :★★★

現在、これがお手軽、かつ確実なバックアップでしょう。基本的にはUSBメモリと同じですが、ハーディスクなのでUSBメモリより高速でかつ大容量。パソコンのディスクの中身をそのまま放り込むこともできます。

はい、これでデータ自体は二重化されるので、パソコンが壊れても、USB外付けハードディスクが壊れても、片方が残ればデータは守られます。

ただ、 これだけで安心するのはまだ早いです。

ハードディスクは消耗品です。使い方にもよりますが、壊れます。たまたま運悪く同時に壊れるとアウトです。あとは、怖いのは自然災害です。例えば、水害でパソコンとUSBハードディスクが水没しました、となるとアウトです。いくらデータを多重化しても火災や水害などで全滅してしまうことも考えられます。

解決策としては、USBハードディスクを別の場所に保管するようにする。こうすれば同じ場所にあるよりは生存率が高いですが、別の場所が物理的に遠ざかるほどバックアップする手間がかかり、バックアップ頻度が低くなることで、結果、あまり役に立たないということにもなりかねません。

どうすればよいのでしょうか。そこで、最後のバックアップ手段です。

4. クラウド(オンラインストレージ)

判定

お手軽度 :★★★★★
取り扱い :★★★★★
コスト  :★★
安全度  :★★★★★

クラウド? オンラインストレージ?
なんのこっちゃ、という人はもうあまりいないかもしれませんが、念の為。
一言で言ってしまうと、データの銀行みたいなものです。
現金を自宅に置いておくと災害時に無くなってしまったり、盗まれたりする可能性がありますよね? だから銀行に預ける。それと同じです。パソコンの中の大事なデータをインターネットでつながっているどこかのコンピュータに預かってもらうのです。

昔はネット回線も細く、クラウド側のストレージのサイズも小さかったため、本当に重要な情報を厳選してバックアップしていましたが、今はGoogleDrive、OneDriveなど様々なサービスがあり、ネット回線の光なので使い勝手は大幅に改善されました。

オンラインストレージ上にデータを保管しておけば基本的に消滅することはありません。マイナーなサービスを利用すると運営会社が破綻したりサービス終了したりして無くなるかもしれませんが、先のGoogleDrive(Google)、OneDrive(Microsoft)はITの大御所が運営しているのでまず消滅しないでしょう。

しかも個人レベルのファイルを業務用データを扱うようなデータセンターと呼ばれる施設で厳重に管理してくれるというのだから、これを利用しない手はありませんよね。
ただ、そんなにうまい話があるはずがない、という方もいらっしゃると思いますので、次回はそのあたりについて書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました