★★★ Twitterやってます。フォローして頂けると嬉しいです(*^^*) ★★★

JMeterでHTTPSサイトをシナリオを記録する

IT
スポンサーリンク

JMeterでHTTPSサイトをシナリオを記録する

HTTPSサイトのシナリオがうまく作れない場合

以前、こちらの記事でJMeterプロキシサーバ機能を使ってテストシナリオファイル(*.jmx)を簡単に作る方法を紹介しました。

性能テストは最終的には本番環境で実施することになると思います。ロードバランサがきちんと負荷分散しているか確認する必要があるからです。

その場合、試験対象が本番環境となり、プロトコルHTTPではなく、HTTPSになると思います。

HTTPSサイトのテストシナリオを作成しようとすると「この接続ではプライバシーが保護されません」というメッセージが出てしまい、JMeterのプロキシサーバを使ってテストシナリオが作れません

これを解決するには、JMeter自己証明書オレオレ証明書)をインストールする必要があります

JMeterのSSL証明書をインストールする

JMeterのプロキシサーバを起動した時に表示されるこのメッセージ。前回はHTTPサイトのシナリオ記録だったためスルーしましたが、HTTPSサイトのテストシナリオを作る時はスルーできません。

Root CA certificate ApacheJMeterTemporaryRootCA created in JMeter bin directory.
You can install it following instructions in Component Reference documentation.
Cretificate has a duration calidity of 7 days,
if the created one (see below) is newer then the last one you installed,
ensure you remove the old one and install the new one.
Please check the details velow when installing the certigicate in the browser.

ざっくり訳すとJMeterのbinフォルダの中にルート証明書があるからインストールしてね。但し有効期限は7日間なので、それを過ぎたらまた入れ直してね、とのことです。

では、さっそくやってみましょう

案内されたフォルダを見てみると、ApacheJMeterTemporaryRootCA.crtファイルがありますので、これをダブルクリックします。

証明書のインストールボタンを押します。

現在のユーザを選択して次へ進みます。たぶんローカルコンピュータでも行けると思います。複数のユーザで利用する場合はローカルコンピュータの方がよいでしょう。

自動ではなく、手動で「信頼されたルート証明機関」を指定します。

間違いないか確認して次へ進みます。入れる証明書ストアを間違えると効果がありません。

最終確認をして、間違いがなければ完了します。

なにやらセキュリティ警告が表示されて脅かされますが、これはどこかで拾ってきた野良証明書を入れたらアカンよーという警告です。今回のJMeterのものであれば心配はありません。

正しくインポートされると思います。

証明書はどこに入ったの?

ルート証明書がどこにインストールされたのかわからないと気持ち悪いっていう方もいらっしゃると思います。私もそうですし。Google Chromeであれば設定画面から確認ができます。

設定画面のセキュリティをクリックします。

証明書ダイアログが表示されたら、「信頼されたルート証明機関」タブを選択すると、さきほど投入したJMeterの証明書が追加されていると思います。

なんでアンダースコアが先頭についているのかと思ったら、頻繁に入れたり消したりするので、見つけやすいようにリストの先頭に表示するためですかね。こういう細かい心遣いが好きです。

これで準備完了です!!

あとはJMeterのプロキシサーバを使って、思う存分HTTPSサイトのシナリオを作ってください!

テストシナリオの記録が終わって、もう使わないという方はこの先をご覧ください。

JMeterの証明書が必要なのはプロキシサーバを使ってシナリオを記録する時だけです。記録したテストシナリオファイル(*.jmx)を編集、実行する時は不要です。

JMeter証明書の消し方

JMeterの証明書はインストールしてから7日間しか有効ではないため、放っておいてもいいのですが、使わないものが残っているのが気になる方もいらっしゃると思います。私もそうですし。

さきほどの証明書ダイアログからJMeterの証明書を選択して、削除ボタンを押します。

警告が表示されますが、「はい」を選択して消します。

警告に表示されている通り、今回追加したJMeterの証明書以外を消さないように注意してください。

重要なことなのでもう一度確認が入ります。サブジェクトを再度確認してください。

スポンサーリンク

まとめ

  • JMeterのプロキシサーバー機能でHTTPSサイトのシナリオも作成できる
  • プロキシサーバーを使って記録する間だけJMeterの証明書をインストールする必要あり
  • 作ったテストシナリオを実行する時はプロキシサーバもJMeterの証明書も不要
  • JMeterの証明書の有効期限はインストールから7日間
  • 有効期限が切れたら一度消して新しく入れ直せばまた7日間延長できる
Amazon | Performance Testing With JMeter 2.9 | Erinle, Bayo | Testing
Amazon配送商品ならPerformance Testing With JMeter 2.9が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Erinle, Bayo作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。
Amazon Web Services負荷試験入門 ――クラウドの性能の引き出し方がわかる Software Design plus | 仲川 樽八, 森下 健 | 工学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで仲川 樽八, 森下 健のAmazon Web Services負荷試験入門 ――クラウドの性能の引き出し方がわかる Software Design plus。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました